お薦め

不足しがちなビタミン,ミネラルを十分に配合したフード

人間の多種多様な食事とくらべて犬のドッグフードはまるでシリアルのようですが、
人間の食事を分けて与えることは長期的には
犬の健康をそこなう可能性がたかいことは、良く知られています。

手作りなら20品目は必要といわれています。

生きていくのに必要な5大栄養素である
「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」。

必須栄養素ではなくとも体内で合成できない食物繊維や、
コエンザイムなどビタミン様物質、グルコサミンやポリフェノールなど
機能性成分の摂取も大切です。

例えばたんぱく質と一言に言っても犬の場合はアルギニンやリジンなど、
10種類の必須アミノ酸http://www.tennllama.com/があります。

素人が手作りで犬が必要な栄養素をバランスよく考えた食事を与えることは
なかなか難しいことです。

犬が必要な栄養素とはいったいなんなのでしょうか。

バランスのとれたドッグフードについてはAFCO(アアフコ)栄養基準http://voiceisheard.com/
が世界的な栄養基準として利用されています。

AFCOとは、Association of American Food Control Officials (米国飼料検査官協会)の略で、
犬だけでなく家畜全般において一日に必要とする栄養素の量が示されています。

これによると、タンパク質と必須アミノ酸、脂肪と必須脂肪酸、ビタミン類、
ミネラル類の、最低摂取量、また過剰摂取を防ぐ目的で、最高値が規定されています。

人間にも言えることですが生命維持に欠かせない栄養素で、
体内で合成できないものは、必須栄養素として食事からまかなわれないといけません。

また年齢に応じて必要とする量も変動します。
加齢とともにどうしても免疫力が低下し、胃腸の働きも弱ってきます。

予防的にサプリメントを取り入れるのも有効でしょう。
通常のドッグフードも、不足しがちなビタミン、ミネラルを
しっかり配合したものを選ぶようにすることも有効です。

サプリメントを上手に取り入れることで、完全な栄養バランスに近づけることができます。

またひとつのドッグフードだけを与えるより、色々なメーカーのものを
上手にローテーションすることで、バランスを取りやすくなります。
また、より詳しく知りたい方にはhttp://storyassistant.com/も是非ご覧になってみてください。